美容外科のエラ整形2種類

エラというのは、専門用語では下顎角と言います。

美容外科でエラを整形する方法は、次の2種類があります。

ひとつめは、骨を直接削って小顔にする方法です。
エラ部分が横に広がっていたり、前後に大きいタイプの骨格に有効です。
口の中から奥歯の下側にかけてアプローチします。

エラの骨を削ったり、切り取ったりして小顔にします。
骨を直接削るので確実な効果が期待できますが、その分手術のリスクもあります。

もうひとつは、エラボトックスという方法です。

エラの部分にある筋肉(咬筋)が発達して厚くなっていると、顔が大きく見えてしまいやすいです。東京の美容外科はこちら。

これに対して、A型ボツリヌス毒素という薬を咬筋に直接注射して、厚い咬筋を萎縮させてエラを小さく整えます。

外科手術と違って注射で咬筋を萎縮できるので、リスクの少ない方法でエラを小さくしたいという人に向いています。
ただし、咬筋が発達したタイプではないと効果が薄い可能性があります。

美容外科で行われているエラ整形でメジャーなのは、ひとつめのエラ削りの方法です。
骨格の形が原因でエラが張っている人には有効な方法です。

骨を削ってしまうので、半永久的な効果が得られます。

美容外科のエラ整形で注意したいのは、最終的なデザインをしっかりイメージして医師に伝えることです。

特にエラ削りは一度手をつけてしまうと元に戻せないので、中途半端な気持ちで受けるのはやめましょう。カウンセリングにはじっくり時間をかけるべきです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *