ストレス解消法の一番手である旅行

現代人は何かとストレスがたまりやすいと言われており、それがメンタル面に影響すると、鬱などの病気につながり、直すのにたくさんの日時やお金が必要になってしまいます。

特にIT技術の発達とともに、患者数が増加しているとも言われており、そこには人との触れ合いが少なくなり、機械とだけの付き合いが増えてきたことも一因と言われています。そういえば、通勤電車の中の光景を眺めると、乗客は皆一様にスマホをいじっており、一心不乱で画面と指先に神経を集中させている様は、現代人の象徴とはいうものの、胸がときめくような男女の出会いの機会を自らがなくしているような感じもあり、なるほど結婚しない人が増えてきたことの原因が、こんなところにもあるという気がします。

そこへ行くと、旅行の効用は計り知れあいものがあるので、特に普段仕事で忙しい人におすすめです。先人先哲は、おしなべて時間の余裕ができると旅に出て、鋭気を養うことをしていました。ストレス解消の妙策は、「空間移動」にあるということを肌で感じていたんでしょう。同時に、その土地土地の自然や人々との出会いが、心を和ませ、癒されるということが体感でき、旅行から戻ったときには、新しいやる気がみなぎっていたということなのでしょう。

それがストレス解消法の一番手を言われる旅行であり、ただおいしいものにありつこうとか、温泉につかろうとかだけの動機ではない方が、本来の恩恵に浴することができるというものなのでしょう。さらに言えば、多くの人と語り合ったり、交流したりして、そんなことから生涯の伴侶と巡り合えたとしたら、何と素晴らしいことではありませんか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *