白浜海岸の海水浴場の特徴について

白浜の海水浴場は、伊豆半島最大の南北に約800メートルの広々とした解放感のある砂浜で、海水浴シーズンは、毎年60万人以上の観光客が訪れるレジャースポット白浜です。

特徴はサラサラの白い砂と透明度の高い海の空とのコントラスト、ヤシの木もあり南国気分が味わえます。メインの海水浴場には、若い世代からファミリー層まで幅広く人気があり、多くの方が利用して、魅力は真っ白な砂とスカイブルーの海です。海開きは7月頃行われていますが、天気が良ければゴールデンウィークから9月半ばまで泳ぐことが出来て、お盆の時期にも海月がほとんど出ません。

もちろん夏期以外は監視員が居ないので、海水浴をしていて万が一何か起きた場合には、自己責任になりますので、注意が必要です。浜の中には海の家が無く、国道沿いに行けばレンタルショップや食事をするところがあります。近くの観光協会では、パラソル・サマーベッドなどのレンタルを低料金で貸し出ししてくれるので、調べてから行くとお勧めです。

白浜は、コンディションも比較的に良い事が多いので、サーフィンのポイントとしても有名ですが、夏期の海水浴シーズン中は、規制エリアがありますので注意して下さい。駐車場も白浜の海岸沿いに10カ所以上あり、車を停めて目の前が砂浜の場所もたくさんあります。その為に、荷物を持ち運びするのも便利で、子供のいる家庭でも利用しやすいところです。近くには温泉街も広がっているので、海の疲れを癒してから帰るのもおすすめになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *