種類が豊富な白浜温泉

白浜温泉は、日本三古湯(他に有馬・道後)と日本三大温泉(他に熱海・別府)に数えられるほどのお湯処として有名です。

その歴史は飛鳥、奈良朝時代にさかのぼり、「牟婁の温湯」あるいは「紀の温湯」として知られています。また、斉明・天智・持統・文武天皇などの著名な人たちが来泉した記録もあり、温泉観光地として1350年余りの歴史を誇っています。それでは、代表的な場所を紹介して行きたいと思います。「崎の湯」は、万葉時代から湯崎七湯といわれている外湯のひとつであり、白浜で最も古い歴史を誇っています。

壮大で美しい波うち際にたたずむ露天風呂は、湯船と海がほとんど一体となっていて、まるで海水浴をしているかのように寄せては返す波を感じながら入浴出来ます。「牟婁の湯」も湯崎七湯に数えられていて、こちらも古い歴史があります。旅館やホテルが多く立ち並ぶ湯崎温泉街にあり、源泉が砿湯(まぶゆ)・行幸湯(みゆきゆ)の2種類となっていて、一度に二つのお湯を楽しめるのが大きな特徴です。他には、白良浜海水浴場に位置し、水着で入れる温泉露天風呂「しらすな」や白良浜に面していて、海を眺めながらお風呂につかれる「白良湯」、円月島を眺めながら入浴出来、地元の人達に愛されている「松乃湯」などがあり、どれも魅力的です。

白浜には外湯だけでなく、足湯も多く揃っています。「白浜銀座足湯横丁」は、白良浜沿いにある浜通りから入ってすぐ先の銀座通りにあり、足湯に浸かった状態で飲食出来ます。また、「つくもと足湯」は白良浜の南出入口に位置し、白く美しい白浜の温泉と足湯を同時に楽しめます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *